テーマ:体温

体温の管理図【私的方法】20120401

2年5ヶ月強にわたる、体温の【私的方法】による管理図です。 上方管理限界を越えたのは初めの頃の2回だけです。 翌年から、インフルエンザと肺炎球菌のワクチンを接種するようにしましたから、その効果が出ているのかもしれません。 毎日、左腋下で10分かけて測定し、その日までの7日間の測定値のメディアン(中央値)からのその日の隔たりをプロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種の体温計による体温の長期変動【1年5ヶ月強間】20120305

ここ1年5ヶ月強間の、3種類の体温計による、起床時体温の、15日移動平均値です。 1)直指式10分測定値。 2)赤外線式耳温計。 3)平衡温予測(2分ほどかかる、少し古い物) 1)2)はほぼ一致していますが、3)はさすがに1段下がっています。 長期変動が0.2~0.3度くらいありますが、異常値を示す、中央値から+0.8程度の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温のXR管理図【1ヶ月間】20120229

3つの管理図は、上から、直接表示式10分、耳温計、平衡温予測式(2分くらいかかるちょっと古い物)、です。 何か所かで、管理限界値外が見られますが、自覚症状、自己管理用のメモには、特記事項が無かったので、管理図としては役立たずです(汗)。 2012/2/29 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【私的方法】20120229

2009/5/18~2012/2/29までの、約2年9ヶ月間の体温の管理図です。 上のグラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)です。下は、中央値からの当日値の隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 自覚的な異常があったのはグラフの始めの方で(+0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温XR管理図【1ヶ月間】20120202

3つの管理図は、上から、直接表示式10分、耳温計、平衡温予測式(2分くらいかかるちょっと古い物)、です。 耳温計で、R図の方に異常値が見られますが、頓服を飲んだ翌々日でした。体温が急上昇後、急降下したと考えられますが、薬剤との関連は、厳密には不明です。 2012/2/2 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【私的手法】20120202

2009/5/18~2012/1/31までの、約2年8ヶ月間の体温の管理図です。 グラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)からの当日値の隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 自覚的な異常があったのはグラフの始めの方で(+0.8)以上の隔たりのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【約2年7ヶ月間】20120101

2009/5/18~2012/1/1までの、約2年7ヶ月間の体温の管理図です。 上のグラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)。 下のグラフが、中央値からの隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 下のグラフの中で、自覚的な異常があったのはグラフの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【2年6ヶ月間、独自手法】20111113

ここ約2年6ヶ月間の、単純直指式の電子体温計による体温の(私のデータの私式の)管理図です。 高い方に外れた2回は、自覚症状がありました。詳細にはメモしていないので参考にはならないでしょうが(苦笑) 2011/11/13 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【3種、1ヶ月間、XR】20111031

3種類の電子体温計による、ここ1ヶ月間の体温のXR管理図です。 上から、直示型10分測定、耳温計、平衡温予測式(ちょっと旧式)です。 平衡予測で10/2が異常値になっていますが、この日の前日にインフルエンザワクチンを接種されており、そのためかとも思えますが、残りの2種では、異常が見られないので、偶然の範囲内なのでしょう(ちょっと無理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接表示式電子体温計(10分)と耳温計の相関図

やはり相関係数が低めだが、平均値にも差があり、私の測り方が不完全なのかもしれないが、直接表示式では、何を測っているのだろうという気分にさせられるのが事実です。 もっとも、毎日測って管理図にすると異常値(特に高い方)の検出力にはそう大差ないのだが……。 科学的・医学的・医療的に、異なった見解が出そうである。 2011/1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接表示10分と平衡予測式の相関図

電子体温計で、直接表示10分と平衡予測式の相関図。 耳温計との関係よりは相関係数が高いが平均値では0.5度位の差があるので、一応、承知しておいた方が良いだろう。 2011/10/19 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【1年1ヶ月間】20111017

ここ1年と1ヶ月間の、耳温計による体温の管理図です。 上の図が生データから取り出した、7日間の移動中央値。下の図が生データと移動中央値から取り出した管理対象の数値(差)をプロットしたもの(Δ青)です。 この区間では、下方限界を3回超えていますが1回目が自室の暖房の入れ忘れ、という以外、特記事項がありません(恥っ!) なお、今年もイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【1年間、平衡温予測式】20110910

ここ1年間の、電子平衡温予測式体温計による、私の体温の、移動中央値による管理図です。 中央値からの隔たりの上下の線は±3σです。 上に突き抜けたものはありませんから、発熱性の疾患は無かったのでしょう。下に突き抜けているものについては特記事項が無いので不明です。 2011/9/10 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【11ヶ月間】20110810

ここ11か月間の、電子体温計(10分)、耳温計、平衡温予測式電子体温計、に基づく体温の管理図です。トレンドや大まかな動きは、北川源四郎氏の「Season」カルマンフィルタによって推定したものです。 3種とも同時に管理限界上限を超えたものがありませんから、この間、発熱性の疾患には罹っていなかった、ということになるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温生データ【欠測あり、10ヶ月間】20110713

平衡予測式でない電子体温計と、耳温計、平衡予測式の電子体温計の3種による体温のデータです。 相互に高度に有意な相関係数が認められます。どれを使っていても、同じものを使っている限り、 異常を検知できそうな予感です。あとは発熱性の感染症に罹れば……でもわざと罹るわけにもいきませんし。 -----------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図の作り方【テキストのみ】20110619

1)出来るだけ毎日、同じ体温計で、同じ条件で、起床時に体温を測る。 2)7日分以上たまったらその日から直近(当日を含む)の7日分【例:36.2、36.5、36.0、36.3、36.4、36.0、36.2】を取り出して(ぬけがあっても良い)その中央値(大きさの順に並べたとき、中央にくる値、日数が偶数なら中央の2つの値の平均値)を求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【約2年間】20110514

ここ2年間ほどの、体温の管理図です。当日までの7日間のメディアンが上のグラフで、下のグラフは当日の体温の上のメディアンからの隔たりです。 体温の異常は通常は上昇ですからプラスの異常のみを見ればよいでしょう。この場合は4回異常が出ていますが、自覚的な風邪の症状があったのは+0.8以上の2回のみでした。 2011/5/14 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【1年11か月間】20110501

ここ約1年11か月間にわたる、左腋の下で電子体温計(平衡温予測式でない)を用いてはかった、起床時体温の管理図(下図)です。上図は下図を作るために取り出した7日移動中央値です。下図は当日の体温から上図の値を引いたものです。上図で、2010/4頃に大きく動いているのは測定方法を、ブザーが鳴るまでから、10分の一定時間計測に変えたからです。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種の電子体温計による体温のXR管理図【1ヶ月間】20110409

ここ1ヶ月間の、3種類の電子体温計による、起床時体温のXR管理図です。管理限界外に出たのは『平衡温予測』のRについて1回ですが、問題と思われるXについて低めの値の出た日には、独自の特記事項が無かったので、残念ながら理由不明です。 10分と平衡温予測の間には危険率5%の有意な相関が認められますが、これは両方とも腋の下ではかっているからか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【約1年10か月間】20110405

ここ約1年10か月間にわたる、左腋の下で電子体温計(平衡温予測式でない)を用いてはかった、起床時体温の管理図(下図)です。上図は下図を作るために取り出した7日移動中央値です。2010/4頃に大きく動いているのは測定方法を、ブザーが鳴るまでから、10分の一定時間計測に変えたからです。 下図で実際的な意味で自覚的異常のあったのは+0.8を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独り言

今年の夏は、頭の痛い夏になりそうです。 朝顔の栽培をしている者としては、暑い毎年並みの夏になってほしいのです。しかし、本格的な電力不足になるなら、わが家のような旧式のエアコン(消費電力が最新型のものと比べて倍くらい)は、もろに節電の対象になるでしょいう。軽度の認知症である母は新型への買い替えに賛成してくれていません。このままでは電力不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種の電子体温計による起床時体温の管理図【1ヶ月間】20110311

ここ1ヶ月間にわたる体温の、3種類の電子体温計による測定値のXR管理図です。 ここ1か月にわたっては、特段、異常値が無かった事が分かります。 『平衡温予測』で初回にRで管理限界を越えていますが2/11に3種とも低めの値が出ているので、何らかの理由でその日の早朝体温が低かったものと思われますが、記録紙に特記事項が無いので残念ながら理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【1年9ヶ月半間】20110305

ここ1年9か月半の体温(左腋下10分、平衡温予測式でない電子体温計による)。の管理図です。上の方の図は管理図を作るためにexcelで取り出した7日移動メディアンです。その日までの7日間の7つの値のメディアン(中央値)です。その値と当日との差をグラフにしたものが下の方の図です。差のバラツキ方(標準偏差)を基に下の図には上側管理限界(赤)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種類の電子体温計による体温管理図【1ヶ月間】20110211

3種類の電子体温計による、ここ1ヶ月間の体温の管理図です。起床後、血圧を測った後に、平衡温予測式でない物で10分計測、耳温計、平衡温予測式、という順序で測っています。耳温計の値は他のと統計的に有意な『関連』が認められませんが、わきの下で測る2種(10分と平衡予測)には1%有意の関係が認められます(つまり同時に上がったり下がったりしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起床時体温のXR管理図【約4か月半間】20110130

ここ4か月半ほどの電子体温計(平衡予測式、若干旧式)による起床時体温のXR管理図です。管理限界を超えたのは下方に1回ですが、正直言って特記事項が無かったので理由不明です。ただ高い方に外れた異常値はなかったので、発熱を伴うような病気にはかからなかった、と考えてよいでしょう。上方管理限界が36.14℃+0.8度になっていないのはご愛嬌、程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more