テーマ:管理図

拡張期血圧管理図【2年1ヶ月半間】20110217

2年と1か月半にわたる、拡張期血圧(青)とそのトレンド(カルマンフィルタで抽出:赤)、による管理図です。降圧剤を飲み始めた直後(2010/11中旬)に顕著に低下しましたが、その後、徐々に再上昇しています。以前書いたように降圧剤の主目的は脈拍(頻脈)の改善にありましたから、血圧のこの動き自体はあまり気にすべきではないでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種類の電子体温計による体温管理図【1ヶ月間】20110211

3種類の電子体温計による、ここ1ヶ月間の体温の管理図です。起床後、血圧を測った後に、平衡温予測式でない物で10分計測、耳温計、平衡温予測式、という順序で測っています。耳温計の値は他のと統計的に有意な『関連』が認められませんが、わきの下で測る2種(10分と平衡予測)には1%有意の関係が認められます(つまり同時に上がったり下がったりしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“管理図”の作り方、見方、に関して(参考図書) 【再掲】

☆2007/2/7の記事の再掲 “管理図”の作り方、見方、に関しては、 日本規格協会、 [新版]QC入門講座(7)、 管理図の作り方と活用、 鐵 健司 編、 中村 達男 著、 1300円(税別)、 を読んでみてください・・・・。 グラフはつけるだけではダメで、以前のデータから『管理限界線』を引いておかなくてはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧関連3項目のXR管理図【1ヶ月間】20110210

ここ1ヶ月間の血圧関連3項目のXR管理図です。Xは起床時に7回立て続けにはかった値の平均値です。Rは前日との差の絶対値(マイナスの場合、プラスの値にしたもの)です。 Rの平均値に基づいてXの管理限界(この幅の中なら異常でない)が決められています。 脈拍のXの管理限界外が一度ありますが、これは寝る直前にホワイトチョコレートを1パック食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の紹介【統計学の】20110205

知識ゼロでもわかる統計学 統計学超入門 松原望著 技術評論社 1980+税円 ------------------------- 私のブログを見て統計学って どんなものかなと思っている ような方で、2000円位なら 払ってもいいなと思う方なら 買っても損は無いと思います。 ただ電卓(ルート機能付き)か Excel…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【退院いたしました】20110203

今日、昼前、無事退院してまいりました。顔のごく一部にしびれがみられますが、体調も良好で、一人で買い物に行けるくらい元気です。 ご心配いただいた方々にお礼をかねてご報告させていただきます。 2011/2/3 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【退院決定】20110202

母の退院期日が昨日(2/1)決まりました。明日(2/3)です。 皆様にはご心配をおかけいたしましたが、ほとんど手術・入院の副作用は見られず、元気に退院できそうです。 なお骨の接続に用いたのは体が吸収して自然に消滅する材料なので、再度の手術の必要は無いそうですので有難いことです。医療資材の進歩に感謝です。無論、病院の方々のも感謝感謝で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脈拍のXR管理図【約2ヶ月間】20110111

ここ2か月ほどの起床時脈拍、7回立て続けに計った数字の平均値、のXR管理図です。12/8の朝食後に飲み始めたβ遮断剤(Dr.の仰るところによれば、降圧、より頻脈を改善したかった)の効果が12/9から顕著に出ていることがわかります。 メンタル外来の方の薬も脈拍への影響の小さなものに切り替えられた翌朝の1/7から更に低くなっているもようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期血圧の管理図【約1ヶ月間】20110111

降圧剤を飲み始めた翌朝からの、最低血圧のXR管理図です。Xの管理限界は前日との日差から導いたRに依って決められています。 Xの方は、起床時に7回立て続けに計った値の平均値です。 無論、7回の結果からXbar-R管理図を描くこともできますが、管理限界が厳しすぎて、限界を超える回数が増えるため妥当ではないと考えています。 なおXbar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【4ヶ月間】20110110

3種類の体温計で測定した体温のXR管理図です。4か月間にわたるものです。 上から順に、普通の電子体温計で10分間かけてはかったもの。2番目は耳温計(赤外線式)。 3番目は平衡温予測式電子体温計です。後の2つの体温の上側管理限界が36.7℃くらいになっていますが、これは各々の体温計の狙っている温度が互いに近いことを意味するのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧の管理図【2年間】20110101

ここ2年間の起床時に7回立て続けに計った最低血圧(拡張期血圧)のメディアンの推移(青)と、その大まかな動き(トレンド、赤)、それと両者から推定した1000回に1回くらいしかはみ出ないはずの上下の管理限界です。1回露骨に下方限界を破っていますが、この時の理由は不明です。その後、それくらいの値が当たり前になっているので、何か、偶然、良い条件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温のXR管理図【約3か月半】20101231

平衡温予測式の電子体温計による起床時体温のXR管理図です。12/16の体温の数字(X)が異常値を示していますが、特記事項がありません。今のところ高い方の異常値が出たり、自覚的に『風邪』とわかるような症状の日がないので、XR管理図が、この平衡温予測式の電子体温計による体温の監視に適しているかどうかはよくわかりません。ただ時期による上下が小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧の管理図【1年11ヶ月間】20101130

記録紙からPCに入力しなおしたデータによる、1年11か月間の最低血圧の管理図です。『トレンド』(大まかな変化)の原因は、必ずしもハッキリしないのですが、2009年の12月頃からの低下が目立ちます。測定した時間帯とかの影響もあるとみられ、特に降圧剤を飲んだとか運動とか食事とか気を付けてきた訳でもないのですが……。 ただ、ストレスが減った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧管理図【約9ヶ月間】20101125

ここ9か月間ほどの、最低血圧の管理図です。毎日起床直後に7回立て続けに測定して、その中央値(メディアン)を記録したもの(青)に対して、北川源四郎氏のソースコードによるアプリケーションで『トレンド(大まかな動き)』を抽出し、それからの毎日の隔たりを計算し、それを基に上下の管理限界を引いたものです。8/15の異常(上限突破)は、起床直後に計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【6ヶ月間】20101123

ここ6か月間の、耳温計(赤外線式)による体温の『カルマンフィルタ平滑』に基づく管理図です。北川源四郎氏のソースコードで計算した『トレンド』に依ります。 トレンド成分があるので、生データで管理図を描くと、主観的に異常が見られなかった日の体温が異常(3シグマポイントを超える)になります。 トレンドの成分は体が感じている気温が体温に影響を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温のXR管理図【2ヶ月間】20101110

ここ2ヶ月間の体温(平衡温予測式)のXR管理図です。この間は体温(X)も日差(R)も異常は認められません。この管理図の上方管理限界(UCL)は36.68℃ですから36.7℃以上が出たら異常とみなせるのでしょう。以前書いた移動中央値からプラス0.8度以上を異常とみなす、という基準と食い違いますが、体温計が違う、まして方式が違うのですから止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧のXR管理図【2ヶ月間】20101110

ここ2か月間の、最低血圧のXR管理図です。毎日起床直後に7回立て続けに測定した値のメジアン(中央値)を用いたものです。Rの方はその前日との差の絶対値(マイナスの場合はプラスの値にする)です。先月のレポートにも書きましたが最初の日(9/11)はパソコンのクラッシュに対応した直後で精神的ストレスにさらされていたための異常値と思われます。10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧のXR管理図【1ヶ月間】20101010

ここ1ヶ月間の最低血圧のXR管理図です。起床直後に最高・最低・脈拍を立て続けに7回計りその中央値をもとに描いたものです。以前のMeR(メディアン・レンジ)管理図より自然な感じがします。最初の日高いのは、PCのクラッシュからの回復作業で、精神的身体的ストレスを受けたためだと思われます。その後3日間を含め、高値に偏っているとの判定がなされま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧のMe(メディアン)R(レンジ)管理図【1ヶ月】20100831

ここ1カ月間の最低血圧のMe(メディアン)R(レンジ)管理図です。 毎日、起床直後に7回立て続けに測定して、そのデータをもとに作図したものです。 私は最高血圧より最低血圧の方が高めだったので、最低血圧のみ監視しています。 8/15の異常高値は事情があって起床直後に計れなかったデータです。2回ある異常低値の方は理由不詳です。 ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温のXR管理図【12ヶ月間】20100518

ここ12ヶ月間の早朝体温のXR管理図です。ここ1カ月ほど値が高めに推移しているのは、計測時間を電子体温計のブザーが鳴るまでではなく、10分間に変えたためで、その方が本当の体温(?)に近くなったからです。管理図の在り方から考えると、同一の図にプロットし続けるのは拙いのでしょうが、一定の条件で計らないとこういうことになりますよという見本だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧Me-R(メジアン-レンジ)管理図【約4ヶ月間】20100401

私の最低血圧のここ4カ月間のMe(メジアン)-R(レンジ)管理図です。血圧は、長期変動の要素を無視できないので、平均値の変わらない管理図は、必ずしも適していないのですが、平均値が変わる事が前提の管理図ソフトが無いのでとりあえずこれを掲示しておきます。 私の最低血圧は、最高血圧と比較して高めなので油断できません。平均が80を切ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【異常値検知方法】20100308

私(50代男性)に適した、体温管理図の描き方をちょっと検討してみました。 まず、長期間の体温(早朝)のデータを分析すると、長期変動の存在が無視できない事が分かりましたので、それをキャンセルしたうえで、自覚的な裏付けのある異常値のみが検出されるような基準を設けられるように試みました。 ここから、ちょっと話がやっかいになるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【約9ヶ月分】20100205

早朝体温のXR管理図です。1日1回しか計れないので、日差(R)をもとにバラツキの大きさを推定しています。8月から9月にかけて、平均から低い体温が目立つのは、冷房のためかもしれません(苦笑)。09/8/20と12/26,27は、自覚的な風邪の症状がありました。その他の上限を越えた点については、正直良く分かりません。下限を下回っているのは冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧管理図【約8ヶ月分】20100204

約8ヶ月分の最低血圧のMe(中央値)~R(範囲)管理図です。毎日早朝7回立て続けに計りそれを管理図にしたものです。 12月頃から低下の様子が見られるのは、夜間の暖房を開始したからではないかと思っています。毎年、春先に下がる傾向が見られていたのですが、外気温の上昇が無くても、室温を(とりわけ寝ている間の)を上げてやれば、血圧に良い効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧Me~R管理図【約3ヶ月】20090827

ここ3ヶ月弱間の最低血圧のMe(中央値)~R(範囲)管理図です。79~87の間にほとんどが納まっているようです。データ数(日数)から言うと『管理限界』を超えた回数が多いようですが、血圧は本来『日差』があるもののようで、各日の『範囲』から推定した管理限界は、ちょっと狭いようですね。 2009/8/27 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧Me~R管理図【108日間】20090417

ここ108日間の最低血圧(私は、最低の方が高めなので、こちらに注意するようにお医者様から言われている)のMe~R管理図、6区間分割、です。初めは85位だったのが、最近は80位になっているのがわかります。各日内のバラツキも小さくなっています(12→9)。このまま程度の値が続いていてくれればいいなぁ、と思っています。 よろしければ『等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高血圧Me~R管理図【60日分】20090228

ここ60日間の最高血圧のMe~R管理図です。ここ10日間ほどグンと下がっていることが分かります。その前の50日間は、あまり変わっていないと言えます。MeもRも、ここ10日間下がっているようです。このまま、夏まで下がっていてくれると有難いのですが(苦笑)。 2009/2/28 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低血圧Me~R管理図【60日分】20090228

ここ60日間の、最低血圧のデータMe(毎朝7回立て続けに計った数字の中央値)とそのばらつきを示したMe~R管理図を前後2期に分けて示したものです。Meの数字は後期の方が明らかに下がっていますがバラツキ(R)の方はほとんど変化していません。Meの方はまだまだ下がりそうな、ありがたい傾向を示しています。このソフトでは、もっと区間を細かく区切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体脂肪率の管理図【約1ヶ月】:20080723

『等倍』でご覧下さい。 ここ1か月ほどの体脂肪率のXバーR管理図です。こちらは7/10頃を境に、値が増加に転じています。ただ、このブログの先の記事で述べたように、測定時の室温の影響が無視できないようなので、これが真の変化なのかどうか、どうすれば判定できるか考慮中です。今日(7/23)到着予定の統計ソフトをフルに使えるようになると、何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重の管理図【約1ヶ月間】:20080723

『等倍』でご覧下さい。 ここ1か月ほどの体重のXバーR管理図です。7/7頃を境にして、体重が増加に転じたのではないかと危惧しています。67.0Kg程度に落ちつけられればと考えております。それ以上減らすと、何度も書いているように、対感染症の防御力が弱まってしまうおそれがあると思います。体脂肪率も似た動きをしていますので要注意です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more