テーマ:健康

体重管理図【11ヶ月間】20110405

ここ11ヶ月間の体重の管理図です。青が起床時の体重(3回計った平均)。赤がカルマンフィルタによって取り出した大まかな動き。黄緑が上方限界線、紫が下方限界線です。 順調に減ってきた体重でしたが2011/3/26前後にリバウンドしかけました。でも、何とか抑え込みました。やはり体重は継続して計っていないといけないようです。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独り言

今年の夏は、頭の痛い夏になりそうです。 朝顔の栽培をしている者としては、暑い毎年並みの夏になってほしいのです。しかし、本格的な電力不足になるなら、わが家のような旧式のエアコン(消費電力が最新型のものと比べて倍くらい)は、もろに節電の対象になるでしょいう。軽度の認知症である母は新型への買い替えに賛成してくれていません。このままでは電力不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧脈拍XR管理図【1ヶ月間】20110326

ここ1ヶ月間の収縮期・拡張期血圧と脈拍のXR管理図です。大地震の翌朝から、血圧2項目が急上昇した後、徐々に下がってきている傾向が分かります。下降の傾向は5%以下の危険率で有意と言えます。私がストレスに弱いことが、またまた明らかになったわけですが(毎日、ニュースで惨状を見せられているし、原発のトラブルも心理的に決して良くありません)それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期血圧のXR管理図【1ヶ月間】20110312

地震の被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げます。 さて、ここ1ヶ月間の起床時の拡張期血圧のXR管理図です。今日、上方管理限界を越えているのは、大地震のあった翌日であることと、TV視聴による寝不足、14階建てマンションに住む親戚が、踏みどころのなくなった自宅から避難してきているため、などのストレスによるものと思われます。私の心理的弱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種の電子体温計による起床時体温の管理図【1ヶ月間】20110311

ここ1ヶ月間にわたる体温の、3種類の電子体温計による測定値のXR管理図です。 ここ1か月にわたっては、特段、異常値が無かった事が分かります。 『平衡温予測』で初回にRで管理限界を越えていますが2/11に3種とも低めの値が出ているので、何らかの理由でその日の早朝体温が低かったものと思われますが、記録紙に特記事項が無いので残念ながら理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【6ヶ月間】20110310

ここ6ヶ月間の体重(青)と、その大まかな動き(7日移動平均:赤)のグラフです。 ここ、ひと月、65.5~66.0Kg間にほぼ収まっています。一応、平衡状態に、達しているものと思われます。0.5Kg程度の上下は、その大部分が水分の出入りではないかと思っています。 このままこの程度の体重(BMI=22.8)を維持できれば上出来だと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温管理図【1年9ヶ月半間】20110305

ここ1年9か月半の体温(左腋下10分、平衡温予測式でない電子体温計による)。の管理図です。上の方の図は管理図を作るためにexcelで取り出した7日移動メディアンです。その日までの7日間の7つの値のメディアン(中央値)です。その値と当日との差をグラフにしたものが下の方の図です。差のバラツキ方(標準偏差)を基に下の図には上側管理限界(赤)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期血圧の上昇傾向【単回帰分析】20110302

降圧剤を飲み始めた日の翌朝からの最低血圧(7回立て続けに計った値の平均値)が次第に再上昇している事を示した単回帰分析の結果です。以前の平均値が75位でしたから、ほとんど元に戻っていることになります。降圧剤の目的は頻脈の改善にあったとDr.に言われてはいますが、いまひとつしっくりときません。 あっ、横軸は日数です。 このプリントアウト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統合失調症特番【感想と紹介】20110227

昨日、NHKの教育TVで統合失調症に関連した特集生番組がありました。HDDのビデオで見て、同じ病名の者として、出演者の明るさや前向きな姿勢にカルチャーショックを受けました。私自身はそれほど後ろ向きな態度をとっているつもりではなかったのですが、もっと前向きに生きていけるのではないのかと励まされました。とりあえず番組に感謝です。 関心のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脈拍のグラフ【2年1ヶ月半間】20110218

ここ2年1か月半の、起床時脈拍(7回立て続けにはかった数字のメディアン)のグラフです。精神科の薬の変更及び降圧剤の投与開始とともに減っているのがわかっていただけるかと思います。ただここ1か月、再上昇の傾向を示していますから、次回の家庭医の診療までこの傾向が続くようなら、薬の増量も相談しなくてはならないでしょう。Dr.がこの微妙なところを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期血圧管理図【2年1ヶ月半間】20110217

2年と1か月半にわたる、拡張期血圧(青)とそのトレンド(カルマンフィルタで抽出:赤)、による管理図です。降圧剤を飲み始めた直後(2010/11中旬)に顕著に低下しましたが、その後、徐々に再上昇しています。以前書いたように降圧剤の主目的は脈拍(頻脈)の改善にありましたから、血圧のこの動き自体はあまり気にすべきではないでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【5ヶ月間】20110212

ここ5ヶ月間の体重(青)と、その大まかな動き(7日移動平均:赤)です。 66.5Kg付近で停滞してくれると思っていましたが、その後も減り続けてしまっているようです。20歳前後の頃、50数Kgだったので、まさかそこまで下がるのでは、と心配になってきました。ここ何日か運動不足気味なので、無理に食べても脂肪になるだけでしょうから、運動を何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種類の電子体温計による体温管理図【1ヶ月間】20110211

3種類の電子体温計による、ここ1ヶ月間の体温の管理図です。起床後、血圧を測った後に、平衡温予測式でない物で10分計測、耳温計、平衡温予測式、という順序で測っています。耳温計の値は他のと統計的に有意な『関連』が認められませんが、わきの下で測る2種(10分と平衡予測)には1%有意の関係が認められます(つまり同時に上がったり下がったりしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“管理図”の作り方、見方、に関して(参考図書) 【再掲】

☆2007/2/7の記事の再掲 “管理図”の作り方、見方、に関しては、 日本規格協会、 [新版]QC入門講座(7)、 管理図の作り方と活用、 鐵 健司 編、 中村 達男 著、 1300円(税別)、 を読んでみてください・・・・。 グラフはつけるだけではダメで、以前のデータから『管理限界線』を引いておかなくてはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧関連3項目のXR管理図【1ヶ月間】20110210

ここ1ヶ月間の血圧関連3項目のXR管理図です。Xは起床時に7回立て続けにはかった値の平均値です。Rは前日との差の絶対値(マイナスの場合、プラスの値にしたもの)です。 Rの平均値に基づいてXの管理限界(この幅の中なら異常でない)が決められています。 脈拍のXの管理限界外が一度ありますが、これは寝る直前にホワイトチョコレートを1パック食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の紹介【統計学の】20110205

知識ゼロでもわかる統計学 統計学超入門 松原望著 技術評論社 1980+税円 ------------------------- 私のブログを見て統計学って どんなものかなと思っている ような方で、2000円位なら 払ってもいいなと思う方なら 買っても損は無いと思います。 ただ電卓(ルート機能付き)か Excel…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【退院いたしました】20110203

今日、昼前、無事退院してまいりました。顔のごく一部にしびれがみられますが、体調も良好で、一人で買い物に行けるくらい元気です。 ご心配いただいた方々にお礼をかねてご報告させていただきます。 2011/2/3 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【退院決定】20110202

母の退院期日が昨日(2/1)決まりました。明日(2/3)です。 皆様にはご心配をおかけいたしましたが、ほとんど手術・入院の副作用は見られず、元気に退院できそうです。 なお骨の接続に用いたのは体が吸収して自然に消滅する材料なので、再度の手術の必要は無いそうですので有難いことです。医療資材の進歩に感謝です。無論、病院の方々のも感謝感謝で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起床時体温のXR管理図【約4か月半間】20110130

ここ4か月半ほどの電子体温計(平衡予測式、若干旧式)による起床時体温のXR管理図です。管理限界を超えたのは下方に1回ですが、正直言って特記事項が無かったので理由不明です。ただ高い方に外れた異常値はなかったので、発熱を伴うような病気にはかからなかった、と考えてよいでしょう。上方管理限界が36.14℃+0.8度になっていないのはご愛嬌、程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重管理グラフ【約9ヶ月間】20110128

ここ9か月間の体重(青)とその大まかな動き(トレンド:赤)、それを基に示した体重管理の下方上方3σ管理限界線です。トレンドの算出は北川源四郎先生の『SEASON』を若干改変した物に依っています。(Fortranによって書かれたソフトです) ここ半月ほど体重の変動が極端に落ち着いていますが、これは積極的なダイエットを打ち切ったためかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【修復手術成功】20110126

いつも読んでいただいてありがとうございます。 ええと、報告が遅れて皆様にご心配をかけました。 母の顔面骨折の修復の手術、無事に(1/24)に終わりました。 昨日の時点ではまだ手術の影響で顔が脹れていて、かなりきつそうな状況でしたが(痛み止めの投与も続いていましたし)食事は昨日午前11時から可能になりました。 それと粉薬(近所の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2種の電子体温計の比較【表示温度の違い】20110121

2種の電子体温計、赤外線式耳温計と平衡温予測式(若干旧式)によるほぼ同時にはかった時の体温の分布です。この程度の違いがあるものだ、という見本になれば、この記事の役割は果たした事になります。 ただ、毎日決まった時刻条件ではかっていて、かなり外れた体温が出た場合には、注意しなければならないのは言うまでもありませんが……。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の発熱を対象とした監視用管理図【約1年8ヶ月間】20110113

ここ1年8か月間に体温の監視用管理図と、それの元になった7日移動メディアンの折れ線グラフです。監視用グラフの上下の3σ線を超えているのは、5回(上を4回下を1回)ですが、うち自覚的な異常があったのはプラス0.8を超えた2回だけです。 2010/4/18前後に急激なメディアンの上昇があるのは、測定時間を計りはじめてからブザーが鳴るまで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の怪我【続き】20110113

母は、1/24日、顔面骨折の接合手術を受けることになりました。 病院嫌いの母は、かなり渋っておりましたが、20年前なら年齢によるリスクがあったが、今は改善されていることを聞いて納得した模様です。入院は2週間程度とみられます。その間はこちらは一人暮らしです。 洗濯について若干の心配がありますが何とかなるでしょう(笑)。 2011…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【約4ヶ月間】20110112

ここ4か月間の体重(青)とその大まかな動き(赤、7日移動平均)の折れ線グラフです。やっと67Kg付近に落ち着く気配を見せています。 BMI=23.2位です。この程度の体重を維持していきたいと思っています。 ただ、ちょっと油断すると甘いもの、動物性脂肪分の多いもの、しょっぱいものに手が伸びそうになるので要注意、要注意(笑)! 次は血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脈拍のXR管理図【約2ヶ月間】20110111

ここ2か月ほどの起床時脈拍、7回立て続けに計った数字の平均値、のXR管理図です。12/8の朝食後に飲み始めたβ遮断剤(Dr.の仰るところによれば、降圧、より頻脈を改善したかった)の効果が12/9から顕著に出ていることがわかります。 メンタル外来の方の薬も脈拍への影響の小さなものに切り替えられた翌朝の1/7から更に低くなっているもようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内出血はないもよう【】20110111

ええと、母は、顔面部分骨折のみで頭蓋内に出血は認められない、との事です。ただ、万が一を考えて1か月くらいは家で出血の兆候に注意をしていてほしい、とのことです。後、追加の診察があったのですが、私は昼の薬を持って行かなかったので、やむを得ず、一緒に行ってくれた姪に後を任せて帰ってきてしまいました。ゴメンナサイ。 2011/1/11 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母のけが【】20110111

母が昨日午前11時頃、近所で誤って転び、コンクリートに、ほっぺたを強く打ちつけました。 口腔内と鼻腔への出血があり、鼻腔へは今も続いている模様です。 近所の、家庭医へ行って、これからの方針を尋ねようと思っています。 頭蓋内への出血がないことを祈るのみです。 2011/1/11 廣瀬_敏之 そういった訳で、脈拍の管理図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期血圧の管理図【約1ヶ月間】20110111

降圧剤を飲み始めた翌朝からの、最低血圧のXR管理図です。Xの管理限界は前日との日差から導いたRに依って決められています。 Xの方は、起床時に7回立て続けに計った値の平均値です。 無論、7回の結果からXbar-R管理図を描くこともできますが、管理限界が厳しすぎて、限界を超える回数が増えるため妥当ではないと考えています。 なおXbar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の長期変動【約8ヶ月間】20110110

前の記事の3種の体温計で計った体温の長期変動の成分を『カルマンフィルタ平滑』によって取り出したものです。腕の脇ではかる10分と平衡予測が似た傾向(徐々に低くなっていく)を示しています。耳温計の方は7月にかけて高くなった後、冷房を運転していた期間、ほぼ一定を保った後徐々に低下しています。低下は気温の低下に伴うものでないかと思っていますが確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more