テーマ:統計

体温の管理図【私的方法】20120401

2年5ヶ月強にわたる、体温の【私的方法】による管理図です。 上方管理限界を越えたのは初めの頃の2回だけです。 翌年から、インフルエンザと肺炎球菌のワクチンを接種するようにしましたから、その効果が出ているのかもしれません。 毎日、左腋下で10分かけて測定し、その日までの7日間の測定値のメディアン(中央値)からのその日の隔たりをプロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧グラフ【3年3ヶ月間】20120331

3年3ヶ月間にわたる、最高、最低血圧と脈拍のグラフです(欠測日何日かあり)。 直近の脈拍のとびぬけて高いのは、薬の不適切な使い方によるものとみられます(医師に確認をとったわけではないので)。 2012/3/31 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【約3年3ヶ月間】20120330

約3年3ヶ月間の、体重(青)と、その大まかな動き(赤:7日移動平均)です。ここのところ数か月は何とか±2.0kgに抑え込んでいますが、かなり明瞭な上昇傾向を抑止できていません。 まず間違いなく、間食がいけないのでしょうが、3食が少なすぎるため、間食への欲求が出ているのかもしれません。 心理的ストレスがかかると、間食への欲求が出るのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重のグラフ【2ヶ月半】20120320

今年の1月からの体重(赤)、と、その大まかな動き(青、7日移動平均)、です。大まかに言って±2.0Kgに収まっており、体重コントロールの目標をほぼクリアしています。 これからは、次第に暖かくなり、体温保持のカロリーが減少し、同時にアイスクリームが美味しくなってくるでしょうから、要注意です。 アイスクリームは1日1つ、とでも原則を決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3種の体温計による体温の長期変動【1年5ヶ月強間】20120305

ここ1年5ヶ月強間の、3種類の体温計による、起床時体温の、15日移動平均値です。 1)直指式10分測定値。 2)赤外線式耳温計。 3)平衡温予測(2分ほどかかる、少し古い物) 1)2)はほぼ一致していますが、3)はさすがに1段下がっています。 長期変動が0.2~0.3度くらいありますが、異常値を示す、中央値から+0.8程度の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脈拍の移動平均グラフ【1年5ヶ月強間】20120305

ここ1年5ヶ月強の、脈圧(収縮期血圧、引く、拡張期血圧)の30日移動平均値です。 この値が50を超えると気をつけなくてはいけないそうですが、私はこのデータに関しては心配はないようです。 ここ1月ほど低値で落ち着いていますが、これは、ウォーキングを再開したためか、薬を飲むのを食事直後から25分(なんで30分ではないかは個人的事情です)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧のXR管理図【1ヶ月間】20120229

この1ヶ月間の、血圧と脈拍のXR管理図です。Xは、起床時すぐ排尿後、7回立て続けに計った値の平均値です。 1回も管理限界を超える値は出ていません。10日前後から最高血圧が、ちょっと下がっているような感じがしますが、必ずしも統計有意ではないようです。ウォーキング再開が効いているとしたら、来月中旬まで様子を見る必要がありそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧グラフ【3年2ヶ月間】20120229

2008年12/31~2011/2/29までの、3年2ヶ月間にわたる血圧と脈拍の記録グラフです。起床時排尿後、7回立て続けにはかり、その中央値(メディアン)を記録したものです。 全体として下がってきています。 でも、一番下がっていた時期と比べると、若干上がってきているのですが、年齢と運動不足のせいにしています。 ここ半月、ウォーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温のXR管理図【1ヶ月間】20120229

3つの管理図は、上から、直接表示式10分、耳温計、平衡温予測式(2分くらいかかるちょっと古い物)、です。 何か所かで、管理限界値外が見られますが、自覚症状、自己管理用のメモには、特記事項が無かったので、管理図としては役立たずです(汗)。 2012/2/29 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【私的方法】20120229

2009/5/18~2012/2/29までの、約2年9ヶ月間の体温の管理図です。 上のグラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)です。下は、中央値からの当日値の隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 自覚的な異常があったのはグラフの始めの方で(+0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【3年2ヶ月】20120228

ここ3年2ヶ月間の体重(青)と、その大まかな動き(赤)です。 昨年の5月末から上昇傾向が続いていましたが、ここ1週間ほどで、何とか食い止められかけています。 やはり私には油脂成分の多いものは、もろに体重増加に寄与するようですね。 あとウォーキングを再開(2日に1回)したのも良かったようです。 2012/2/28 廣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMIのグラフ【約3ヶ月間】20120205

体重のBMI換算値のグラフです。 これを分析すると、ここ3ヶ月で、毎日平均0.009位、BMIが上昇していることが分かります。 あと3ヶ月かからずに25を突破してしまうでしょう。私としては、何としてもそれは防ぎたいのですが、ウォーキングに出る、心理的勢いが不足しており、それを何とかしなければならないでしょう。 このグラフで、現在の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温XR管理図【1ヶ月間】20120202

3つの管理図は、上から、直接表示式10分、耳温計、平衡温予測式(2分くらいかかるちょっと古い物)、です。 耳温計で、R図の方に異常値が見られますが、頓服を飲んだ翌々日でした。体温が急上昇後、急降下したと考えられますが、薬剤との関連は、厳密には不明です。 2012/2/2 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【私的手法】20120202

2009/5/18~2012/1/31までの、約2年8ヶ月間の体温の管理図です。 グラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)からの当日値の隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 自覚的な異常があったのはグラフの始めの方で(+0.8)以上の隔たりのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧、脈拍管理図【1ヶ月間】20120201

2012年1月の血圧と脈拍の管理図です。 管理限界外がいくつか出ていますが、管理用メモには、特記事項はありませんでした。 それでは管理図になりませんが、ありうるとすれば、室温と心理的ストレスが考えられるのですが……(苦笑)。 2012/2/1 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧、脈拍グラフ【3年1ヶ月間】20120201

ここ3年1ヶ月間にわたる、血圧と脈拍のグラフです。 毎日、起床時排尿後、7回立て続けに計った7つの値の中央値(メディアン)をプロットしたものです。 管理限界線を引いてありませんから、管理図ではありません(笑)。 2012/2/1 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフと管理図【3年1ヶ月、1ヶ月】20120131

ここ3年1ヶ月間の体重とその大まかな動き(トレンド)、とここ1ヶ月間の体重のXR管理図です。 ここしばらくは、体重は漸増で、あまり有難くありません。放置すると、BMI=25を越えてしまいそうです。 ここ1ヶ月間の管理限界越えは、正月3が日間の食べ過ぎによるものです。問題は、ここ1週間くらいの増加傾向が続くか否かです。 食べ過ぎは充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拡張期(最低)血圧の長期変動グラフ【】20120126

ここ3年間ちょっとの、最低(拡張期)血圧の30日移動平均値です。毎日の値は、起床時排尿後に立て続けに7回計った値の中央値(メディアン)です。 長期にわたる変動をよく見るためには、30日移動平均位が必要になるみたいです。 あまり詳細に分析したわけではないのですが。 私の場合の変動の主因は、薬と心理的ストレスの模様です。これも印象で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脈圧のグラフ【1年4ヶ月間】と、管理図【1ヶ月間】

脈圧のグラフ【1年4ヶ月間】と、管理図【1ヶ月間】 脈圧(最高血圧-最低血圧)のグラフとXR管理図です。 毎日の値は、起床時に7回立て続けに計った値の1回ごとに差をとり、その中央値(メディアン)を求めたものです。 長期のグラフからは、長期変動の成分があること。 短期の管理図からは、ここ1ヶ月間は特に管理限界の外の値は出ていないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体温の管理図【約2年7ヶ月間】20120101

2009/5/18~2012/1/1までの、約2年7ヶ月間の体温の管理図です。 上のグラフは短期間の異常に影響されない7日移動メディアン(その日までの1週間分のデータの中央値)。 下のグラフが、中央値からの隔たりで、1週間分のデータから、当日の値がどれくらい異常かを見るものです。 下のグラフの中で、自覚的な異常があったのはグラフの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧、脈拍の管理図【1ヶ月間】20111231

2011年12月の、血圧、脈拍、のXR管理図です。 起床時に、7回立て続けにはかった値の中央値です。 管理限界線はいずれもこえていません。 XbarR管理図と比べると、異常の検出力が弱いのですが、数字に振り回されすぎない、という点ではすぐれている可能性があります。 もともと健康でも血圧の日差はある、というのが別の方々の研究で出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧、脈拍グラフ【3年間】20111231

2008年12/31~2011/12/31までの、まる3年間にわたる血圧と脈拍の記録グラフです。起床時排尿後、7回立て続けにはかり、その中央値(メディアン)を記録したものです。 全体として下がってきています。 目立つのは今年(2011)の3/12で、突然上がって、元の水準に戻るのに1か月以上かかっていますが、言うまでもなく大震災の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重のXR管理図【1ヶ月間】20111230

2011年11/30~12/30の1ヶ月間の体重のXR管理図です。2番目の値が管理限界外なのは、平均値がシフトした12/2~12/3以前だからでしょう。 12/20は、前日の食べ過ぎが記録に残っています(爆)。 宜しければ『等倍』でどうぞ。 2011/12/30 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【3年間】20111230

2008/12/31~2011/12/30までの、3年間に及ぶ体重(青)と、その大まかな動き(赤)です。79Kg~63Kgの間を動きましたが、体重の重い時はメタボが心配で、体重の軽い時は、おそらくDrが自殺の心配をして体重が軽くなりすぎないように配慮している模様です。厳密にいうと体重が増えるような薬は私の場合はどうしても自殺予防に欠かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の血圧、脈拍のXR管理図【1ヶ月間】20111201

上から、最高血圧、最低血圧、脈拍、の順です。 拡張期血圧のXにみられる上方管理限界外にある日は、睡眠時間の不足が記載記録から分かります。 脈拍の方の上方管理限界外の日は、自室の暖房を入れ忘れて寝てしまった翌朝でした。 2011/12/1 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重グラフ【2年11ヶ月間】20111201

ここ2年11ヶ月間の体重のグラフです。 大まかに言って16Kgの幅の中を動いています。 大まかに言って70Kg位が中央になっています。 詳細な日記があるわけではないので断定はできないのですが、BMIが25前後となるので、肥満に含まれない範囲で重めの体重が私にとって丁度良いのでしょう(あくまでも憶測)。 2011/12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧、脈拍グラフ【2年11ヶ月間】20111130

ここ2年11か月間の血圧、脈拍のグラフです。明らかに長期変動があるので単純なXR管理図には出来ないのであしからず。 平均が変動するグラフになら、やってやれないことはないのですが、グラフが見にくくなってしまうので、あえて避けました。 あと1ヶ月で3年に達しますが、それまで健康に激変がありませんように。 追記注:グラフのもとになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重XR管理図【1ヶ月間】20111122

ここ1ヶ月間の体重のXR管理図。 X1つは起き抜けの排尿後、3回立て続けに計った値の平均値。Rは前日との差の絶対値。 比較的狭い範囲におさまっていることがわかる。初めの方の上側への逸脱は、体重を上昇傾向から、上下動の少ない状態へと移行させる寸前の外れ値だから、悪しからず。 2011/11/22 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室温湿度グラフ【4ヶ月半間】20111114

ここ4か月半の間ほどの、起床時の室温と湿度のグラフです。 九月の下旬から低下傾向と、バラツキの拡大が見られますが、これはおそらく、エアコンの運転停止によるものだと思います。 これらが体重、血圧、体温に影響を与えるかどうかは、これからの検討課題です。 2011/11/14 廣瀬_敏之
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more