電卓の太陽電池【】20110624

昨日午後、母が家計簿をつけようとしたのですが、電卓が動きません。母は、ソロバンを取り出して何とかカタをつけました。私の方は、これは『新しいのを買うしかない』と、あわてて、近所のコンビニとスーパー、家電店(小さな店)をめぐって、押しボタンの配列に充分な余裕があり液晶表示も大きな電卓を見つけてきました。それにしても新しいものと古いものを比べると液晶の広さと太陽電池の大きさの比がまるで違うのに驚きました。
電卓のLSIと、液晶の表示に必要な電力が下がり、太陽電池の単位面積当たりの出力が増したためでしょうが、どの寄与が大きいのか気にかかります。古いほうは、10~20年前の型式で『CASIO』の『NS-1』と記載があります。
この方面に明るい方、教えてください。
m(_ _)m

2011/6/24
廣瀬_敏之

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック